2017年1月16日 / 最終更新日 : 2017年1月17日 sobaco ブログ

人の人脈に頼っていては起業は先行き不安

ビジネスに対する考え方は人によってさまざまですが、起業して自分のビジネスを発展させたいときに気をつけたいことが1つあります。

それは、他人の人脈に乗っからないこと。

結論から言うと、自分のファンと作り、自分中心に回るビジネスを作り上げていかなくてはならないということです。

人と人とのつながりが強い地方でありがちなのは、人とのつながりが出てくれば紹介で仕事が入ってくること。

つまり、Aさんという起業家にはお客さんがついていたとします。すると、そこに絡むと、たくさんの人と知り合うことができ、つながりもできます。そんな中からBさんの仕事のお客さまにもなってくれて、ビジネスが発展しているという勘違いを起こす場合があります。

しかし、Aさんの顧客はAさんのものでしかなく、たとえば、Bさんのところへ流れ込んできたとしても、所詮Aさんのお客さんなのです。

つまり、Aさんの顧客の中で何か問題が起こって仲違いすれば、それはBさんの顧客にも影響があり、それをきっかけでBさんの顧客が離れていくことがあるということです。

地方には、ドンと呼ばれる起業家やリーダーがいるみたいです。

この地区で起業するならば、「ドン」の顔を立てよ、とか。地方での起業にはありがちかもしれませんね。

まあそれに乗るか乗らないかは自由で、我が道を行く人は我が道を行けばいいと思いますね。

というか、起業するならば、我が道を行かなければなりません。

人の人脈に乗っているようでは、先が危ういですね。

 

じゃあ、自分のビジネスのファンを作るにはどうすればいいか。

あなたが何をやっているかを明確にして、ダイレクトにファンを集めることです。

これは、むやみやたらに人にあってアプローチするのではなく、自分がやっていることを誰から見ても明確にして、あなた自身の信念を貫いた情報発信をして、最短距離で顧客へアプローチするのです。

あなたがやっていることについてきてくれる人こそ、あなたのファンであり、顧客なのです。

そういう意味で、起業家は、何か「キラリ」と光るものを持っていないとなりませんね。

その「キラリ」と光るものがあなたの強みです。

この強みを活かして商品作りができれば良いですね。そして、自分が中心としたビジネスを展開してこそ、ビジネスだということを知っておいてください。

 

 

 

関連

2016新発オリーブ ホワイトセラアート鉢 送料無料 オリーブの木 観葉植物

  1. Toshiya Oki より:

    はじめまして。
    ブログランキングから来ました、トシと申します。
    「グサっ」と突き刺さる、それでいてとても心地よいメッセージですね。
    僕は山形という田舎に住んでいるので、「地方のドン」理論、よくわかります。
    また、少し、そういった意味で甘えがあった部分を、正して頂きました。

    ありがとうございます。

    1. sobaco より:

      トシさん、こんばんは。
      わざわざコメントを入れていただいてありがとうございます。
      書いた記事が伝わる瞬間はすごく嬉しいですね。
      心地よいメッセージとおっしゃっていただいてこれも嬉しい限りです。
      まあ、私も、こういうメッセージは、自分が少なからず経験しているからこそ書けるのですけどね。
      いやはや、地方は地方なりの面倒くささってものがありますね^^;
      トシさんも頑張ってくださいね。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です